2024年問題

政府主導の「働き方改革」により、2020年から、 すべての企業において残業は「月45時間・年360時間」が上限とされてきましたが、 建設業や運送業は、その性質から5年間の猶予を設けられてきました。 その猶予が2024年3

グリーンサイト登録

建設業の現場とは切っても切れない関係にある安全書類を作成する グリーンサイト。 今現在、多くの建設業者さんに利用されています。 現場まで出向く必要がなく、 インターネット上で書類の作成、提出が行えます。 元請会社などの上

5年ぶりの土木事務所

先日、大事な大事な決算終了後の変更届を提出するため 5年ぶりくらいに静岡土木事務所に出向かせていただきました。 変更届の提出のために行かせていただいたのが初めてだったので 右も左も分からずとても緊張しましたが、あっという

登録電気工事事業者

建設業許可の業種に電気工事業がありますが、 それとは別に自社で電気工事を行う場合、電気工事事業者の登録をする必要があります。 これは、建設業法とは別の法律である、 「電気工事業の業務の適正化に関する法律(電気工事業法)」

2級建設機械施行管理技術検定

先日あげさせていただいた建設関係資格一覧に記載のないものがありました。 2級建設機械施工管理技士(1級建設機械施工管理技士)です。 ちょうど今月末が1、2級両方とも令和5年度試験の申込期限でした。 建築施工管理技士や土木

2級建築士試験

今回は2級建築士試験をご案内させていただこうと思います。 こちらも4月が受験の申込み時期となりますので、ちょうどこれからです。 驚いたのは、その試験時間の長いこと! 製図試験はなんと5時間、、すごいです( ゚Д゚) 受検

2級土木施工管理技術検定

前回の2級建築施工管理技術検定につづいて、2級土木施工管理技術検定を ご案内させていただこうと思います。 補助者をさせていただいていたころ、この2級土木施工管理技士をお持ちの方が 一番多かったような気がします。_(._.

2級建築施工管理技術検定

建設業許可の専任技術者になれる資格として主なものは やはり建設業法で定められたものになります。 その中で今回は2級建築施工管理技士についてのご説明です。 制度改正 令和3年度の制度改正により、以下のように名称が変わりまし

解体工事業者登録

建設業の許可は請負代金が税込500万円を超える場合に必要になりますが、 解体工事業については500万円未満の場合でも、解体工事業登録が必要になります。 この解体工事業者の登録制度は建設工事に係る資材の再資源化等に関する法

PAGE TOP